リンス,コンディショナー,トリートメントについて

アシスタントの坂井です。

本日はタイトルにある通り、リンス,コンディショナー,トリートメントの違いや働きについて書いていこうと思います。

同じようなもののようですが、細かいところで若干の違いがあります。共通するのはシャンプーした後に髪の毛に塗布し、髪の表面の保護をするということです。

リンスとは…髪の表面をコーティングして保護し、キューティクルの傷みを防ぎながら指通りを良くするという効果があります。

リンスをすることで髪に油分を補い、またそれと同時に髪の水分が蒸発するのを抑えることができます。

トリートメントと違って、時間をおいても髪の内部まで浸透しないので、髪になじませたら、そのまま洗い流すものとなっています。

コンディショナーとは…コンディショナーは、リンスと役割は同じですが、より髪の毛の表面を整える力が強いものをコンディショナーとする場合が多いです。

トリートメントとは…トリートメントは、 髪表面の状態を整え、髪に栄養や油分を補い、ダメージをケアしながら本来の健康な髪に導くのが目的となっています。

表面が傷んで内部のタンパク質が溶け出してスカスカの状態になった髪に、元気を与える成分をしみ込ませて内側から髪を回復させるのがトリートメントの役割です。

リンスと違い、10分程度時間をおいて成分を浸透させることが必要です。

このように若干の違いがあり、時間が無い時はリンスやコンディショナー、時間に余裕がある時はトリートメントと使い分けてる方もいるそうです!

ただし注意点として流し残しには十分に気を付けてください!そしてしっかり乾かして下さい!

お店にも種類豊富なヘアケア製品あるので是非一度ご相談下さい!